MENUを開く

夢を叶えるとき

成功している人と、そうでない人の違いは何でしょう?
成功といっても、地位や名誉を得るというのではなく
充実感を得ている人、達成感を持っている人として考えた場合です。

成功している人に共通して言えることは、“自分に何が出来るのか”を、どの人もある程度は見極めているような気がします。

強く願って出来ないことはない、と言われています。
実際に、実現不可能だと思われていることでも、強い信念で奇跡を起こす人はいます。
諦めずに追い続けている姿は、凛とした美しさがあり、人々に感動を与えてくれるものでもあります。
きっとその延長線上に、成功の扉は用意されているのでしょう。

ただし、それにはまずしっかり掲げた目標があるかどうかが問題になってきます。
簡単に気持ちが変わったと、何度も心変わりを繰り返すようでは、生涯ただの夢追い人で終わってしまいます。
実現に向けての夢ではなく、描くだけで終わってしまう夢では、つまらないと思いませんか?
そのためにも、楽しい面ばかりを見て追いかけるのではなく
その先に起こるかもしれない障害も頭に入れながら、進む道を考えてゆくことが大切になってくるのです。

これは、前に進むためには絶対に必要なことです。

(私が本当にしたいことは何だろうか?)
(単なるミーハーでその夢を選んでいるのではないだろうか?)
(困難なことが起きても乗り越えてゆく覚悟を、私は持っているだろうか?)

この確認作業は何よりも大切なことと言えるでしょう。
それを怠ると、基盤が緩んですぐに崩れてしまうからです。

また、自分に適応したものを探し当てる力も、時には必要になってきます。

たとえば、経営能力がないのに、憧れだけで会社社長を夢見ていても
夢は夢で終わってしまうでしょう。
憧れと、自分の特性が必ずしも一致するとは限らないのです。

自分の長所、短所を客観的に見つめられていますか?

すべては、自分を知ることから始まります。
自分の心とよく対話して、確認をしながら大切に温めてゆくもの、
広がりを持ってゆくもの…それが夢ではないでしょうか?

簡単に手放すものでも、固執するあまりに頑なに他を拒否するものでもありません。

あせらず、飽きずに、真剣に。
自分が生涯をかけられそうな何かを、
あなたでなくては駄目な何かを探してゆきましょう。

Chie

もくじへ戻る