MENUを開く

医学博士たちからの推薦メッセージ

東北大学医学部教授
医学博士 市江雅芳

「ChieArtは自然界の根源的な生命エネルギー」

初めてChieさんの絵に出会った時、どうしてこのような癒しのエネルギーが溢れ出てくるのか分かりませんでした。

アトリエを訪ね、いくつもの原画を見せていただいた後、最後に「まだ、誰にも見せてない絵があるの」と言って出してくれたのが、「覚りの道」です。
それまでに拝見した絵も皆素晴らしかったのですが、「覚りの道」から流れてくるエネルギーはちょっと違いました。
スッと私の中に入ってくると、何かとても懐かしい気持ちが湧いてきて、思わず目に涙が滲んでしまいました。

「波動が合う」、あるいは「エネルギーが共鳴する」というのは、こういうことなのでしょう。

ありがたいことに、今では私の手元に「覚りの道」があります。

その後、Chieさんとエネルギー・ワークをする機会があり、癒しのエネルギーの源が分かりました。
自然界の根源的な生命エネルギーが、Chieさんのカラダを通して、創作活動中ずっと掌から絵に流れ込んでいたのです。

このようなエネルギーは、ヒトのカラダを通過するときに、そのヒトの念や意図が入り込み、エネルギーの質が低下することが良くあります。
「癒やそう」という念がエネルギーに入れば良いかというと、逆に質が落ちるのです。
Chieさんの素晴らしいところは、無心になって絵を描いていること。
自分がパイプ役に徹することで、純粋無垢な最上のエネルギーが絵に注ぎ込まれていたのです。

ChieArtが、これからも多くのヒトを癒やしていくのは、間違いありません。